ちゃのすけの20代から始める資産運用

サラリーマンが副業をして資産運用をしていくブログ。一つの会社に生涯務めあげる時代はもう終わり、これからは働き方にも多様性が求められる時代となることでしょう。そんな時代の中で自分の資産をしっかりと運用しやりたい事をできるようにしていくことはとても重要なことになります。このブログは20代のサラリーマンが自分の給料を投資して将来的には脱サラを目指すブログとなります。

これが複利の力!!!

こんにちは、こんばんは、ちゃのすけです

 

 

本日は、複利について考えていきたいと思います。

 

 

みなさん、複利ってご存知ですか?

 

資産運用について考えている方にとっては聞いたことあるワードだと思います。

 

しかし、実際計算も複雑そうでよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は複利についてちゃのすけなりにまとめていこうと思います。

 

 

複利とは、元金によって得られた利子を時期の元金に含める方式の計算方法の事です。

 

といってもチンプンカンプンですよね笑

 

 

例えば、最初の元金を1万円とし、毎月の利子が10%だったとします。 

 

すると、最初1万円だったものが1ヵ月後には千円増えて¥11,000になります。

2ヶ月目の元金はこの¥11,000とします。

すると3か月目には¥1100増えて¥12100となります。

 

この様に運用することで得た利子を次の月には元金として運用する方法の事を複利といいます。

 

¥1000が¥1100になった所で大して変わらないじゃん...と思ったそこのあなた‼

 

実はこれがものすごいパワーを持っているのです‼

 

では、これを1年間運用したらどうなるでしょう。

 

実際に計算してみると12か月後にはなんと

 

¥28351になっているのです‼

 

これってすごくないですか?

 

最初1万円だったものが約2.8倍になるんです!

 

 

しかし、投資なんてリスクもあるし、貯金したほうがいいのでは?と、お考えの方もいらっしゃると思います。

 

確かに、投資にはリスクがつきものですが、毎月1万円の10%、つまり千円を貯金していった場合、1年後には¥12000貯金できるので、合計¥22000となります。

 

その差約¥6000ですが、これは元金を1万円で計算した場合の差額です。

 

例えば、元金が10倍の10万円だったらどうなるでしょう?

 

そうです。

差額も10倍になります。

つまり、貯金している人と複利で運用している人には6万円の差が生まれるのです!

 

これが元金が100蔓延だったら...

もうお分かりですね?

ただ、お金を眠らせている人とお金に働いてもらっている人には、年間で60万円の差が生まれるのです。

 

ちなみに、元金100万円で毎月10%の利子が付く場合1年後には

 

なんと¥2,853,117になっているんです。

 

この頃には、運用利子だけで、¥259,374が手元に入ってくる様になります。

 

ここまで利子が入ってくるようになれば、正直働かなくてもよくなりそうですね!

 

ちゃのすけが目指しているのは、このように利子だけで生活できるようになることなのです。

 

といっても、毎月10%の利子が付く投資案件なんてなかなかリスキーな面もあるので、自分に無理のない範囲で投資する必要がありますけどね!

 

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

 

複利について少しは理解していただけたでしょうか?

 

また、このブログを見て興味が湧いてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

みなさんも投資を始める際はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

以上、本日は短めではありましたが、ここまでとさせていただきます。

 

ちゃのすけでした!

楽天銀行