ちゃのすけの20代から始める資産運用

サラリーマンが副業をして資産運用をしていくブログ。一つの会社に生涯務めあげる時代はもう終わり、これからは働き方にも多様性が求められる時代となることでしょう。そんな時代の中で自分の資産をしっかりと運用しやりたい事をできるようにしていくことはとても重要なことになります。このブログは20代のサラリーマンが自分の給料を投資して将来的には脱サラを目指すブログとなります。

ちゃのすけの働き方について

こんにちは、こんばんわ、ちゃのすけです。

 

みなさん、突然ですが

 

なぜ働きますか?

 

 

この質問にきちんと答えられる方はどのくらいいるでしょうか?

 

恥ずかしながら、ちゃのすけも明確な答えを持っていません...

 

 

 

ということで、今回は働くことの意味、理由を考えていきたいと思います。

 

まず、なぜこのような事を考えたのかです。

 

それは、最近かの有名なロバートキヨサキ氏の著書、「金持ち父さん、貧乏父さん」でも紹介されているキャッシュフローのクワドラントについて考えていたからです。

 

クワドラントとは、世の中のお金の稼ぎ方をE/S/B/Iという4種類に分類したものです。

 

Eとはemployee(エンプロイー)といい、従業員の事。いわゆるサラリーマンの方々。会社に自分の労力と時間を売る事で会社から対価としてお給料、つまり、お金を得ている。

 

Sとはself employee(セルフエンプロイー)。自らを雇う人、つまり、自営業の方々。会社にではなく自分のやりたい事に対して労力と時間を支払い、お金を得ている。

 

Bとはbusiness owner(ビジネスオーナー)の事。ビジネスオーナーとは、自営業とは違い、他の人がやりたい事をやらせてあげる代わりに報酬を受け取る方々。自営業の方々などがやりたい事をやらせてあげる代わりに売り上げの数%を受け取る。

 

Iとはinvestor(インベスター)、投資家の事。自分の持つ資産、つまり、お金を運用してその利益を受け取る方々。お金を動かすことでお金を得ている。

 

 

だそうです!

 

ちゃのすけがこれを知った時にはとても衝撃でした。

 

なぜかというと、ちゃのすけは働き方について考えたことがなく

 

この様な分類ができることすら知らなかったからです。

 

そして、世の中のお金持ちは時間を売ってお金を得ているわけではないという事も知る事ができました。

 

 

と、ここで本題に戻ります。

 

人はなぜ働くのでしょうか?

 

特に雇われの身であるちゃのすけにとっては、毎日時間と労力を提供する生活を送る中で働く意味はとても重要なものになります。

 

ちゃのすけなりに考えましたが、やはり働くというのはお金を得るためにしています。

 

では、なぜお金を得るのか。

 

それは、毎日の生活やパートナーや知人と遊ぶのにお金が必要だからです。

 

つまり、生活や遊ぶ為に働いているのですね。

 

でも、ちゃのすけはやりたい事がありそれをやろうと思ったので今の会社に入りました。しかし、これは自営業でやるべき事なのですね。それが個人では不可能な場合いろいろな人の協力が必要になります。その様な場合は、ビジネスオーナーになりやりたい事を成し遂げるべきなのですね。その為の資金を投資家となって集めるべきなのです。

 

つまり、何が言いたいかというと、ちゃのすけは、今働き方を間違えています。笑

 

 

なので、なるべく早く脱サラして、やりたいことをできるようになりたいです。

 

次回はその為の計画について話していきたいと思います。

 

本日はこの辺で!

 

長文の上読みにくい文章ではあったと思いますが最後まで見てくださってありがとうございます。

 

今後のちゃのすけの動向も気にしていただけたら幸いです。

 

では、また、お会いしましょう。

 

ちゃのすけでした。